商品2

 

未婚女性の正装


五つ紋をつけるが正式ですが、現代では紋をつける事はほとんどありません。

袖の長さにより、大振袖、中振袖、小振袖と分けられますが、成人式で皆さん着られている振袖は大振袖、中振袖が大半です。

現代では、絵羽模様に限らず小紋や無地で表された振袖も多く出回っています。

商品1

第一礼装


結婚式など、一生の中の大切な祝儀事に用いられます。

喜びを重ねると云う意味合いから、帯は二重太鼓の袋帯、きものの重ね着をします。

 

[黒留袖]
既婚女性の第一礼装で、五つ紋を入れ用います。

 

[色留袖]
既未婚を問わず着ることができます。五つ紋が正式ですが、三つ紋、一つ紋にされる場合も多く見られます。

商品3

 

絵羽模様がある正装


紋を入れないで着用する方が一般的ですが、一つ紋を背中に入れる場合もあります。

柄は帯の上下に、胸、背中、両そでに有り、そのすべてが縫い目をまたいでつながるのが特徴です。

既婚者・独身者どちらも問わず着用でき、結婚式への出席、茶事、パーティーなど、華やかな行事に対応できるお着物です。

Copyright:(C) Nagayasu Co,Ltd. All Rights Reserved.